穀物が使用されていないか

無添加で有害な人工添加物が入っていないこと以外に、キャットフードは穀物が使われていないグレインフリーフードや、穀物の割合ができるだけ低い商品であるに越したことはありません。肉食動物である猫は、穀物の消化が非常に苦手です。そしてこのことが、さまざまな問題を起こすリスクを伴うようになります。

たとえば、未消化のまま排泄されてしまうということで、栄養不足の問題が起こり得ます。また、消化のためには内臓に大きな負担がかかり、消化不良を招くことによって、下痢や便秘の症状が出現する原因にもなります。穀物のなかでも、小麦やトウモロコシは皮膚炎を起こしたり、化膿したり、目やにが出たりする食物アレルギーを起こすリスクが高いとされています。小さいころから消化に良くない穀物を多量に食べていることで、腸内環境が悪化してアレルギーを起こしやすくもなります。そのほか、穀物に豊富な炭水化物で太ったり、糖尿病のリスクを上昇させたりもしてしまいます。

猫にとって重要な栄養素は、肉や魚などに備わっている動物性タンパク質で、消化が得意なために効率よく栄養を補給することができます。穀物ではなく新鮮な動物の肉が主体になっているキャットフードを与えてあげましょう。

関連資料≪穀物不使用キャットフード|モグニャン

Writen by 運営者