粗悪な原材料でないか

肉食動物の猫は高タンパク低炭水化物の食事を与えてあげるのがベストです。新鮮な肉・魚が使用されている割合の高いキャットフードを与えてあげましょう。猫の健康を思い、長生きしてほしいと望むのであれば、粗悪な素材が使用されているキャットフードは避けるべきです。

特に注意したいのは肉の副産物です。副産物というのは肉以外の部分はすべて当てはまり、腸、肝臓、などが入っているものがあります。鶏を例とした場合、多量の羽根を集めて加工をほどこし、パウダーにされたものなどがあります。当然、人間が食べることのないものですが、猫の体であれば大丈夫なために使用されているわけではありません。消化に良くなく、健康を害してしまうリスクがあります。肉副産物の入っている商品は避けておくのが賢明です。

副産物以外に気をつけたいのはいわゆる4Dミートです。死亡後時間が経過し、品質が劣化した状態で加工された肉、病気や障害を持っていた動物の肉など、細かい説明までしなくても粗悪とわかる原材料が使用されていることがあります。格安フードほど、価格を安くするためにこのような粗悪な原材料が使用されていることが多いです。ミール、肉副産物粉などと表記されている場合、4Dミートが使用されているケースが多々あるため注意しましょう。

穀物が使用されていないか

無添加で有害な人工添加物が入っていないこと以外に、キャットフードは穀物が使われていないグレインフリーフードや、穀物の割合ができるだけ低い商品であるに越したことはありません。肉食動物である猫は、穀物の消化が非常に苦手です。そしてこのことが、さまざまな問題を起こすリスクを伴うようになります。

たとえば、未消化のまま排泄されてしまうということで、栄養不足の問題が起こり得ます。また、消化のためには内臓に大きな負担がかかり、消化不良を招くことによって、下痢や便秘の症状が出現する原因にもなります。穀物のなかでも、小麦やトウモロコシは皮膚炎を起こしたり、化膿したり、目やにが出たりする食物アレルギーを起こすリスクが高いとされています。小さいころから消化に良くない穀物を多量に食べていることで、腸内環境が悪化してアレルギーを起こしやすくもなります。そのほか、穀物に豊富な炭水化物で太ったり、糖尿病のリスクを上昇させたりもしてしまいます。

猫にとって重要な栄養素は、肉や魚などに備わっている動物性タンパク質で、消化が得意なために効率よく栄養を補給することができます。穀物ではなく新鮮な動物の肉が主体になっているキャットフードを与えてあげましょう。

関連資料≪穀物不使用キャットフード|モグニャン

無添加キャットフードとは

無添加キャットフードというのは、添加物が使用されていないキャットフードのことをいいます。よく、上手なキャットフードの選び方として、添加物不使用のものを選びましょうといわれていますが、添加物のなかには猫の体にとって有害なものがあるためです。代表的なものをいくつか挙げますが、まずは酸化防止剤という添加物があります。BHA、エトキシキンという添加物があり、猫にとっては有毒です。BHAに関しては、発がん性があることが確認されているため、添加されているキャットフードで飼い猫がガンになってしまうリスクを高めることになってしまいます。

酸化防止剤のほかには赤色○号や青色○号といった合成着色料があります。飼い主に食欲をそそるように見せるために添加されているものであり、○には数字が入ります。実は猫に対して食欲をそそるような効果はなく、着色料は種類によって発がん性のあるものや、アレルギーのリスク、成長遅延、体重低下、食欲低下などを招く原因になるものがあります。ほかには香りをよくするために人工香料が使用されていることがあります。なかには洗剤や柔軟剤に使用されているもの、発がん性が確認されているもの、ねずみを使った実験で命を落とした結果が出ているものなどがあります。

いまはこうした人工添加物の入っていない無添加の商品が多くなっており、酸化防止剤や香料も天然由来のものが使用されているものがあります。一般に無添加キャットフードといわれているのは、このタイプの商品のことをいいます。別のページでは商品を選ぶ際にあとはどのような点に注意すればいいのかを説明しています。気になる方はチェックしてみてください。