無添加キャットフードとは

無添加キャットフードというのは、添加物が使用されていないキャットフードのことをいいます。よく、上手なキャットフードの選び方として、添加物不使用のものを選びましょうといわれていますが、添加物のなかには猫の体にとって有害なものがあるためです。代表的なものをいくつか挙げますが、まずは酸化防止剤という添加物があります。BHA、エトキシキンという添加物があり、猫にとっては有毒です。BHAに関しては、発がん性があることが確認されているため、添加されているキャットフードで飼い猫がガンになってしまうリスクを高めることになってしまいます。

酸化防止剤のほかには赤色○号や青色○号といった合成着色料があります。飼い主に食欲をそそるように見せるために添加されているものであり、○には数字が入ります。実は猫に対して食欲をそそるような効果はなく、着色料は種類によって発がん性のあるものや、アレルギーのリスク、成長遅延、体重低下、食欲低下などを招く原因になるものがあります。ほかには香りをよくするために人工香料が使用されていることがあります。なかには洗剤や柔軟剤に使用されているもの、発がん性が確認されているもの、ねずみを使った実験で命を落とした結果が出ているものなどがあります。

いまはこうした人工添加物の入っていない無添加の商品が多くなっており、酸化防止剤や香料も天然由来のものが使用されているものがあります。一般に無添加キャットフードといわれているのは、このタイプの商品のことをいいます。別のページでは商品を選ぶ際にあとはどのような点に注意すればいいのかを説明しています。気になる方はチェックしてみてください。

Writen by 運営者